理解したうえで生命保険 比較をする

理解したうえで生命保険 比較をする

理解したうえで生命保険 比較をする もしもの時には保険が役に立ちます。事故などが起こり、怪我や入院をしたときなど保険に入っている時とそうでない時では困ること、特にお金に関して大きく違いが現れます。生命保険は大きく分けて3つの種類があります。死亡保障と医療保障、そして老後・貯蓄保障です。

まずは死亡保障です。これは万が一の時の死亡保障機能です。これらを細分化すると定期保険、定期付終身保険、終身保険、変額保険そして無選択終身保険になります。次が医療保障。こちらは病気やケガの入院費用や治療費用に対する保障機能です。

4つの保険に分かれており、医療保険、がん保険、傷害保険、所得補償保険です。どれも入院や怪我に関わるので他の2つに比べると一番身近な保険です。そして老後・貯蓄保障です。老後の生活資金や子供の教育資金などの中長期的な貯蓄機能です。養老保険、個人年金保険、変額個人年金保険、学資保険の4つがあります。

生命保険 比較をしますともしもの事故でのケガかそうでないケガで関わる保険が変わります。ケガを負った時に事故ならば傷害保険が、そうでないなら医療保険が効きます。特に医療保険は入院、手術、退院、通院時にそれぞれの給付金が貰える場合が有りますので詳しくは各保険会社の生命保険のパンフレットを参照して下さい。上に挙げたものも自分の将来を考えて、生命保険 比較の上でどれか必要な保険に加入しておくと良いかもしれません。

お知らせ

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。